RegistNewHandle LostPassword
サイトマップ
ようこそ、ゲストさん


















ベリトランス
SSL/WEBサイト証明書
SSL通信とは?
SSLは、『Secure Socket Layer』の略で、送信データを暗号化して送る技術です。

インターネット上で個人情報やクレジットカード番号を送信する際には、第三者による「盗聴」や「改竄(かいざん)」を防ぐために、SSL通信にて情報を暗号化して送信する事は必須事項となっています。
通信の暗号化
SSL通信が使われているかどうかは、ブラウザの下部に鍵マークが表示されているか、またブラウザのURLアドレスに「https:// 」というように「s」が付いているかをご確認ください。「鍵マーク」や「https://」がないページで個人情報を入力してはいけません。大切な情報を入力する時はSSL通信されているページか確認した上で行うようご注意ください。
SSL通信の確認方法
SSLサーバー証明書とは?
SSLサーバー証明書とは、WEBサイトが実在する組織によって運営されていることを照明するものです。SSLサーバー証明書は、第三者認証機関に発行していただく必要があります。

SSLサーバー証明書をWEBサーバーにインストールすることにより、WEBサーバーとユーザーのブラウザ通信をSSLにて行うことが可能となります。

また、メールサーバーにインストールすることで、メールサーバーとユーザーのメールソフトの通信もSSLで行うことが可能となります(POP over SSL/SMTP over SSL)。

暗号化することでより安全に通信ができることはもちろん、SSLサーバー証明書が運営者・情報発信者の身分証明にもなるため、ユーザーに安心感を与えます。
<<  SSL/サーバー証明書のトップページに戻る